男の子ママのはちゃめちゃ子育てブログ
高齢出産ではじめての子育て。要領がわからず、とまどいながら早3年。子育て中のいろんな出来事を記録したいです。

プロフィール

チョコ豆

Author:チョコ豆
3歳の息子をもつママです。
やんちゃでわがまま、毎日大変!
そんな出来事を記録しています(>_<)
よろしく。



FC2カウンター



最近の記事



ぶろぐひろば参加しました(>_<)



英語好き!集まれ!



お知らせ!



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



アフィリエイトなら、



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


産み分け失敗談

育児の失敗じゃないけど・・・・
実は私たち夫婦は男の子じゃなくて女の子が欲しかったんです。

私も高齢出産だったし、ダンナさんはさらにお歳だし・・どうせ子供を持つならひとりしかも、それならかわいい女の子がいいなって思ってました。

それで、独学?で産み分けを色々と研究し、実行しました。

 子作りの本番は排卵日の2,3日前に実行すべし。
 本番前まではY精子くんたちを極力減らすため、1日おきくらいにやっておくべし。
 実行の時は、浅く、簡単に、女性は感じないこと。
 ダンナはコーヒーしばらく禁止。(本番まで)

・・・などなど、くわしくは・・・・
男女産み分け完全ガイド―わたしの赤ちゃん (主婦の友生活シリーズ―新米ママシリーズ)男女産み分け完全ガイド―わたしの赤ちゃん (主婦の友生活シリーズ―新米ママシリーズ)
(1997/07)
不明

商品詳細を見る

・・・・参考までに・・。

・・・・結果は・・・ご覧のとおりです。なぜか見事に男の子でした。
でも、生まれて見れば、男の子って「ママ、ママ~」だし、かわいいモンです。

妊娠7ヶ月の時、超音波で先生に「100%じゃないけど、女の子だろう」って言われたんですね。
やった~って思ってて、でも、妊娠8ヶ月の健診では突然、例のモノがあらわれて・・・。
ダンナさんも「男の子でも女の子でも、どっちでもいいよ」って言ってくれてたわりに、産まれて来るまで女の子だって信じてた。証拠写真があったのに。

「あれはね、きっとピースしてたんだよ。それがタマタマ写っただけだよ。」
・・・と言っていました。

   今では、女の子の父親が悩んでるのを見て、「娘じゃなくてよかった」と言ってます。
(ダンナさんの友人たちの娘さんたちはみんなお年頃

スポンサーサイト

紙オムツ・・・のせい?

・・・トイレに関心がないのは

はじめ・・・出産準備のときに用意した綾織の輪型の布オムツ
梅雨時になることもあって、40枚も用意。

しかし、出産した病院では紙オムツを使用。その楽チンさが気に入って、結局、1枚も使うことなく今に至っている。だから・・気持ち悪くて泣いたことないし、去年の夏にトイレトレやった時も、ぬれた感じがわかる紙オムツや布トレパン、綿パンでびちょびちょになっても、
へーき

お互いイライラがつのるので、夏後半にはやめました。意味ナシ。

やっぱ、布オムツやってたら、トイレでできてたのかなぁー


ワタシ、皮膚が弱くて手荒れがひどく、洗濯のたいへんさ<オムツの費用となってしまった。

いつかはとれるって言うけど・・・。この夏またトイレトレ再開だ少しは進歩してるかな




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。